『Q1.0(キューワン)住宅』とは・・・?

◇『高断熱・高気密住宅』の必要性◇

日本中のほとんどの住宅は、断熱材が入っていても全く効いていません。これをきちんと効くように施工方法を変えたのが、「高断熱・高気密住宅」なのです。工法を変えた結果、隙間風のない気密性の高い住宅になり、木材が腐らない寿命の長い住宅になりました。十分な断熱材を使い、窓の性能を確保すれば、これまでより少ない暖房費で、しかも家中が暖かく、快適な住宅になります。

(「新住協の家づくり2013」より抜粋)

q10_img1

「夏を旨として、風通し良くつくった日本の家は隙間風も多く、冬はとても寒い家になります。しかし、近年の夏は、高温多湿が極度に進み、猛暑日の熱風は体温よりも高い温度のため、涼しい風が入ってくるところが熱い風が入ってきて暑く感じます。」 (新住協「燃費半分で暮らす家」より抜粋)

◇燃費半分の省エネ住宅『Q1.0住宅』◇

今、日本の省エネ住宅といわれている住宅は、国が平成11年に定めた「次世代省エネ基準」に基づいた住宅と呼ばれているものです。

次世代省エネ基準住宅は、それなりに快適性は実現しているが、これまでの住宅に比べると暖房エネルギーは2倍近く増える「増」エネ住宅なのです。

逆にいえば、次世代基準住宅の1/2のエネルギーで済む住宅をつくれば、初めてエネルギー量を増やさずに快適な生活を送ることができます。しかし、これではエネルギー量が今までのと比べて「±0」となり省エネにはなりません。(ex.ゼロエネ住宅など)

私たちは、さらにその半分である1/4*で済む本来の省エネ型高断熱・高気密『Q1.0住宅』をつくります。

(* 1/2…北海道地方、1/3…東北地方、1/4…関東地方以南)

◇『Q1.0住宅』の構成◇

Q1.0住宅とは、住宅熱損失係数(Q値)が床面積あたりQ=1.0台の住宅のことです。

Q1.0住宅は、暖房エネルギーを削減する手法をバランス良く、かつ、コストアップをできるだけ抑える手法で構成します。

 (1)熱交換型24時間換気システムの採用

 (2)開口部(窓や玄関ドア)の断熱性をUPして、熱損失をできるだけ小さくする

 (3)外壁の断熱材の厚さを増すローコストな工法の採用

q10_img2(新住協「燃費半分で暮らす家」より抜粋)

 

㈲サトー建築事務所は、『一般社団法人新住協』の会員です。